スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

まず、自分の心を変える

120317.jpg


まず、自分の心を変える


他人の心は変えられなくても、

自分の心は変えることができます。


しかし、自分の心が変わることによって、

そこから発される善念、善なるエネルギー、

光が、実は他人を変えていくのです。

感化していきます。

他人の心自体を支配して

を変えることはできませんが、

他人に影響を与えること、

感化することは可能です。


そしてそれは、

なんと、自分自身を変えることによって、

そうなっていくのです。


大川隆法総裁著『理想国家日本の条件』より

理想国家日本の条件
理想国家日本の条件


↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『光の体験』

IMG120315.jpg


『光の体験』


仏法真理を学ぶことによって

みなさんは心の栄養を得ることができるのです。

そこに、仏神の臨在を感じることでしょう。


それまで、寒く、辛く、

苦しい人生を生きてきたけれども、

真理を悟って信仰の目覚め、

そして、反省や祈りをしたり、

教学をしたりしているときなどに、

暖かいものが胸のなかにサーッと入ってきて

体が温かくなり、

顔に赤みが差す経験をした人は

数多くいるはずです。

それが、仏の光、神の光であり、

光の天使の世界からくる光なのです


大川隆法総裁著『生命の法』より


生命の法―真実の人生を生ききるには

↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『信仰の優位』―天照大神の霊言

120310.png


『信仰の優位』―天照大神の霊言

信仰の優位を、

何ものにも勝るものとして考えなさい。

あなたがたは、

「食糧と信仰の、どちらを取るか」と迫られたならば、

迷わず信仰を取りなさい。

「地位と信仰の、どちらを取るか」と言われたら、

迷わず信仰を取りなさい。

「金銭と信仰の、どちらを取るか」と言われたら、

迷わずに信仰を取っていきなさい。

「この世の命、生き長らえることと、

真実の信仰に生きることと、いったい、どちらを選ぶか」

と問われたならば、

迷わず信仰の道を取りなさい。

「神に愛される生き方こそが本来の人間の生き方であり、

これ以外の生き方はない」

ということを知りなさい。

「信仰の優位は、すべてに勝る優位であり、

すべての地上人に言える優位である」

ということを、

そして、

「地上を去ったときに、

あなたがたを限りなき高みまで導いていく力は、

信仰の力そのものである」

ということを知りなさい。

信仰とは、結局のところ、

限りない高みにある神、真実の神の胸元に、

御元に戻っていくための力です。

そして、これがすべてなのです。


天照大神のお怒りについて―緊急神示信仰なき日本人への警告


最大幸福社会の実現―天照大神の緊急神示
最大幸福社会の実現―天照大神の緊急神示

↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

魂の経験

魂の経験


魂の経験


人間は魂の経験を積むために、

この世に生まれてくるのです。

失敗も挫折も、

その「経験」のうちに入っていて、

智慧として遺るのです。



大川隆法総裁著『勇気の法』より
勇気の法―熱血火の如くあれ
勇気の法――熱血 火の如くあれ

↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

幸福の科学に起きている奇跡

幸福の科学に起きている奇跡

奇跡が起きた!
http://www.happy-science.jp/news/other/224C.html

幸福の科学では、病気が治る奇跡はよくあるのですが、最近、それが特に多くなってき始めており、「信者のみなさんの信仰心が上がってきつつあるのかな」と感じています。

私は、以前から、「信者の信仰心が高まれば、今の百倍ぐらいは奇跡が起きます」と言っていたのですが、じわじわと奇跡の発生率が高まってきています。

2002年4月17日に、私が、福岡県の小倉支部精舎で、本章のもととなる説法を行った際にも、その前日には、「小倉支部の信者で、午後、クモ膜下出血の症状に陥って緊急入院し、生死の境をさまよっていた人が、当会の祈願によって一命を取りとめ、その日のうちに退院した」という奇跡が起きました。

これは、まことに本人の信仰心の賜物であろうと思います。

さらに、東日本大震災においても数多くの奇跡が起きました。

あれだけ大規模な地震や津波等によって、約一万六千人が亡くなり、行方不明者は約五千人とされています(2011年7月末時点での警察庁の発表による)。

私が最初に聴いた報告では、当会の信者で亡くなった方は二人、行方不明者が二人とのことでしたが(最終的には死者八名)、その亡くなった方と行方不明の方は、家族の勧めで会員にはなったものの、活動には反対していた人だったそうです。
 「家族の中で、活動に熱心だった方は生き残り、それに反対していた方が亡くなった」ということなので、怖いような、何とも言えないものがあります。

ただ、こういう言い方は不謹慎かもしれませんが、今回の大震災で亡くなった当会の信者の数があまりにも少なすぎるので、私は驚いたのです。被害の大きさから見ると、当初は、「亡くなった信者は千人を超えるのではないか」と思い、心を痛めていたのですが、死者の数は予想より大幅に少ないものでした。

また、教団の建物は、全部、震災後も使えています。一カ所だけ、賃貸の建物に入っていた支部が津波で浸水しましたが、それから約十日後の3月23日には、「大悟祭」 (私の大悟を記念する日に行われる祝賀行事)を、そこで開催できているのです。信者のみなさんが頑張って清掃作業等をしてくださったからですが、すごいものです。

私は、かつて、「われを信ずる者、百人あらば、その町に、壊滅的天変地異は起きまい」と述べたことがありますが(『宗教選択の時代』〔幸福の科学出版刊〕第8章参照)、東北の被災地の中には、たまたま百三十人ぐらいの信者が住んでいた地域があり、その周りは津波で大きな被害を受けたのに、そこだけはほとんど被害がなかったそうです。

また、周りは家などが流されているのに、当会の信者の家の周辺にだけ、なぜか津波が来なかったケースもあります。

一方、当会の信者が全然いない地域もあり、そこは壊滅的状態になっていたりするのです。

それ以外にも、「津波が反転して返っていった」「近くを通った津波が家の中に入ってこなかった」などという不思議な現象が、当会の信者には数多く起きています。

こういう奇跡の話を耳にすると、本当に力が出てきます。

幸福の科学・大川隆法総裁『不滅の法』より


不滅の法―宇宙時代への目覚め


↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『愛、無限』

img120213.jpeg

『愛、無限』


「愛、無限」とは、

信ずる力によって、

無限の愛が、あなたがたに臨むということだ。

信仰を通して、無限の愛が臨むとき、

不可能なことは何ひとつない。

あなたがたは、

この世的なる一切のくびきから自由となる。

あらゆる劣等感から、

あらゆる嫉妬心から、

あらゆる恐怖心から、

あらゆる貧困から、

あらゆる病から、

あなたがたは自由となる。

信ずる心を持つことだ。

本来の力を取り戻すことだ。

あなたがたには無限の力が宿っている。

それは仏から送られてくるものである。

信仰心を通して、仏と一体となったとき、

あなたがたは無敵である。

あらゆる悪を砕破することが可能となる。

よいか、

愛に限界があると思ってはいけない。

人間心の愛において、限界はあるのであって、

仏の愛において、限界はない。

愛、無限――

それは、真実の信仰とは何かを、

あなたがたに問いかけることになるであろう。

もう一度、告げる。

愛は無限なり。

無限なるものは、仏の力なり。

無限なる仏の力を信ずる者は、

また、無限の愛のなかを生きているのだ。

愛、無限―偉大なる信仰の力
愛、無限―偉大なる信仰の力
↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

自分に厳しく 心の指針86

MP900400661.jpg

自分に厳しく  心の指針86 大川隆法総裁

自分を甘やかしている人はダメだ。
自分を甘やかす人は、
必ず他人から何かを奪っているのだ。

どこの会社でも、
二割の社員が、
残りの八割の社員の生活を支えている。
しかし、
支えられているはずの八割の社員は、
そのことに気づかず、
自分は給料分以上働いているつもりでいる。
二割の社員が全社を背負って、
黙々と働いているにもかかわらずだ。

他人から与えられた仕事をこなすのはあたり前だ。
他人より少なく働いて、
他人より多くの給料をもらおうとか、
他人よりはやく出世しようとか、
そんなズル賢いことを毎日考えているようでは、
地獄行きの指定席のキップを買ったようなものだ。
与えられるのを待っていないで、
仕事は自分で発見せよ。

いい仕事をすることは、
ツルハシで金鉱を掘っているのと同じだ。
休んだり、怠けたりしていては、
金の輝きに出会う喜びは遠のくばかりだ。

日本の繁栄は、絶対に揺るがない―不況を乗り越えるポイント
日本の繁栄は、絶対に揺るがない―不況を乗り越えるポイント



不況に打ち克つ仕事法

↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

信仰を忘れた日本人へ。




信仰を忘れた日本人へ。


長引く不況、天変地異、

緊張高まる国際情勢・・・・

かつてない国難のなかで、

国として、人として、どう生きるべきか、

確固たる指針を見失っている日本。


それは、物質的な豊かさだけを追い求め、

精神性や信仰の価値をなおざりにしてきた

当然の結果ではないでしょうか。


宗教を信じることは、

そんなに恥ずかしいことですか。

神を信じ、仏を信じるということは、人間として

いちばん大切なことではないのですか。


過去の「常識」を捨てなければ、

未来は拓けません。

私たち日本人は、

いまこそ「宗教は善なるもの」と悟り、

真実に目覚めるときなのです。


 
『不滅の法』(大川隆法著/幸福の科学出版刊)書籍広告より


不滅の法―宇宙時代への目覚め


↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『心意気』 大川隆法総裁 心の指針85




『心意気』 大川隆法総裁 心の指針85


人間は心意気だ。

能力があっても、

意欲のない人間には見込みがない。


意欲といっても、

「そのうち、お金が手に入ったらやろう。」とか、

「みんなが応援してくれたらやろう。」とか

「いい季節になったらやろう。」

とか言っている人はダメだ。

条件や環境が好都合だったら、

自分もやる気が出るのに、と考えているような人は、

他人まかせの言い訳人生を生きる人だ。


あくまでも自家発電だ。

みんながやる気のない時に、

一人やる気をだして、

みんなが、「もうダメだ。」と言いはじめても、

「まだ、まだ、これからだ。」

と、まわりにハッパをかけられる人こそ、

真のリーダーであり、

成功すべき運命を手に握っている人だ。


心意気さえ本物なら、

能力の不足は努力で補える。

経験が不足していても、

まわりの人々が、

カバーし、押し上げてくれるのだ。


↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

どんな未来も必ず乗り越えられる――

img111225.jpg


どんな未来も必ず乗り越えられる――


マヤの予言では、この世の終わりは、

2012年ということになっています。

何らかの危機は、さまざまな規模、

さまざまな程度で起きるかもしれません。

しかし、私たちは、困難を乗り越えることができます。

なぜなら、私たちには大きな力があるからです。

世界には、数多くの人々がいます。

私たちは、協力し合えるのです。

そして、協力し合ったその力が、

神々の全能の力を生み出すのです。


大川隆法総裁『The Fact and The Truth』より




↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人びとの心が未来をつくる




人びとの心が未来をつくる


人類の歴史は

人びとの集合想念によって

つくられていきます。


多くの人の心が明るい方向を向き、

明るい未来を求めているならば、

世界は明るい方向へと向かっていくはずです。


反対に、

人びとが暗いものを求めているならば、

世界は暗い方向へと転がっていくでしょう。


このように物事は考え方ひとつなのです。



↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

「その、あなた」でよい




「その、あなた」でよい


他の人々の存在を肯定するなら、

自分自身の存在をも肯定しなさい。

「そのあなたでよいのですよ」と言って、

仏は許しているのです。

「そのあなたでよいのです。

他の人でなくてよいのです。

その名前を持ったあなたでよいのです」と、

今世の魂修行を

許可されたのですから、

あなたは、

あなたの生き方をしていけばよいのです。

いま与えられているもののなかで、

自分として最善の生き方をしていくことです。


大川隆法総裁著『アイム・ファイン』より


アイム・ファイン

↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

大川隆法総裁 心の指針84 『先延ばしをやめる』




大川隆法総裁 心の指針84 『先延ばしをやめる』


イライラの原因や、

不幸感の原因、

悩みの原因が、

実は、未解決事項が多すぎるため、

ということがよくある。


まずは整理整頓から始めるとよい。

机の上が散らかっているために、

勉強や仕事に取りかかれないのではないか、

本棚はどうか。

今、読みたい本や、関心のある本か。

当面読む予定のない本で一杯ではないか。

宿題の山や、残業の仕事をかかえていないか。


体調不良を言い訳にしているが、

四つも五つもの仕事をかかえて、

にっちもさっちも行かなくなっているだけではないか。


問題は、ほとんど、

先延ばしの癖にある。

先延ばしをすればするhど、

課題は山積みとなり、悩みは増えるのだ。


とにかく、今すぐ片付ける習慣をつけよう。

瞬時に判断し、片付けることが、

現在に余裕をつくり、

未来を楽しいものに変えるのだ。

悩みの在庫を増やすなかれ。


↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

人生の試練を乗り越えていくとき、人は「魂の輝き」を得る




人生の試練を乗り越えていくとき、人は「魂の輝き」を得る


一般に、「意志の力」ということが言われていますが、

「強い意志の力を持って生まれた」という人はいません。

確かに、能力や才能については、生来のものもあるでしょう。

ただ、それだけであったら、人は進歩しません。

その人相応の人生の諸問題が与えられ、

苦しみながらでもそれを乗り越えていくときに、

魂の輝き、

徳というべきものが生まれてくるのです。


大川隆法総裁著『ストロング・マインド』より


ストロング・マインド―人生の壁を打ち破る法
ストロング・マインド―人生の壁を打ち破る法


↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『嫉妬心を抑える』

MP900227688.jpg


嫉妬心を抑える―嫉妬心を感じる相手は、実は自分の「理想像」


自分が嫉妬を感じる相手は、ほんとうは、自分自身の「理想像」なのです。

理想像であるその人を嫉妬しているかぎり、幸福にはなれません。

それは、相手に、“呪いの矢”を撃っているようなものなのです。

「あの人は、うまいことをやっている。許せない」

「お金儲けをしている。許せない」

「ビルを建てている。許せない」

「親が偉い。許せない」

などと思い、呪いの矢でパシーッと撃ち落そうとしているのです。

それでは人脈ができないでしょうし、徳もないので、「友達はできず、支えてくれる人もいない」といいうことになってしまいます。

成功している人を見たら、まず、それを理想像として祝福することが大切です。

人間は、自分が理想化し、肯定し、祝福した相手に、必ず近づいていきます。

自分が目標として心に描いている人や、人生の目標に向かって必ず近づいていくものなのです。


大川隆法総裁著『ハウ・アバウト・ユー』より


ハウ・アバウト・ユー?-幸せを呼ぶ愛のかたち


↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『相手を完全否定しない』

MP900422632.jpg


相手を完全否定しない ― 「この人にも、よいところはある」と思っていると、相手にも伝わる


自分を評価してくれない人や、自分にとって気に入らない人が、出てくることもあるでしょう。

しかし、そうした人を、全部、駄目だと思わないようにし、気に入らない場合であれば、その人のどこが気に入らないのかを分析することが大事です。

「この部分はどうも肌が合わない、自分としては受け入れがたい」と感じたとしても、他の部分を見て、「この人にも良いところはある、こうしたところは良い」と思っていると、その思いは相手に伝わります。

相手は、「自分は全面的に否定されているのではない。この人は、自分のこの部分を嫌っているが、他のところはよく思ってくれている」と感じるのです。

すると、相手の人は自分を変えようとします。

「この人と話す時は、ここを控えればよいのだな」ということが分かるので、相手が変わってきて、その良いところが出てくるようになるのです。

これは、知らず、知らずのうちに、相手の変革を促していることになります。

「この人にも、良いところはある」という見方をすすることによって、相手を変えうるのです。

しかし、「嫌いだ」と拒否してしまえば、取り付く島がなく、どうしようもありません。

完全拒否しないことが大事なのです。


大川隆法総裁著『コーヒー・ブレイク』より


コーヒー・ブレイク―幸せを呼び込む27の知恵

↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『ほめ言葉を使う』

MP900430696.jpg


ほめ言葉を使う―ほめ言葉をかけるには一円もいらない


ご主人が、きょうは、いつもより十分早く帰ってきたならば、ほめてあげればよいのです。

十分早く帰っただけでも、「あなた、きょうは早く帰ってきたわね。お仕事がんばったのね」と、一言、言ってあげれば、ご主人は、「そうか、やはり、段取り良く仕事をして、早く帰ったら、妻も喜ぶのだな」と思い、喜びます。

そういう、ちょっとした、些細なことでもよいのです。

ほめ言葉も、また、覚えているものです。

少し怒られても、十年ぐらい覚えているし、少しほめられても、十年間ぐらい、ほめられた気になっているものです。

しかし、その言葉は、ほんの一瞬のものです。その一瞬の効果は大きいわけです。

人間関係を良好にし、幸福な方向へと導くには、一円のお金も要らないし、汗水垂らして努力する必要もないのです。

必要なのは、心の態度を変えること、そして、具体的な、ささやかな好意を示してあげることです。それが大事です。


大川隆法総裁著『コーヒー・ブレイク』より


コーヒー・ブレイク―幸せを呼び込む27の知恵

↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『相手の話を聴く』

MP900431166.jpg

相手の話を聴く
―相手の話を聴くと相手を理解できるようになる


相手を愛せない時は、相手を理解できないときです。

理解できた相手のことは、愛することができます。

また、「自分は理解された」と思った人は、「自分は愛された」というように感じるのです。

相手の話をよく聴いてあげると、相手を理解できるようになります。

家庭においても、ほかには何もしなくても、ただ相手の言うことをよく聴いてあげるだけで解決する問題はたくさんあります。

「奥さんが、いろいろと悩みを抱えていて、なかなか解決できない」という場合であっても、何のことはない、「ご主人が、二、三時間、奥さんの話を聴いてあげたら、それで終わり」ということだってあるのです。

したがって、相手を理解するためには、聴く能力を高めることです。

「相手の話を聴いてあげよう」と思うことも、愛の心なのです。


大川隆法総裁著『ティータイム』より


ティータイム―あたたかい家庭、幸せのアイデア25(大川隆法著)



↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『笑顔をつくる』

MP900431220.jpg


笑顔をつくる―ニコニコしている人は人を引きつける

私は、以前会社で仕事をしていたときに、けっこう折衝の仕事を多くやっていたのですが、相手を訪問する際には、「これ以上、景気の良い顔はない」という顔をして入っていきました。

おもしろいことに、不景気な顔をして入っていくと、人は寄ってきませんが、ニコニコして入っていくと、ほんとうに人が寄ってくるのです。

これは商売の秘訣であろうと思います。

また、商売だけではなく、人間関係の秘訣であろうと思います。

とにかく、人間は、笑顔の顔を見て敵意を抱くことは難しいのです。これは鉄則です。

ニコニコ笑っている人を見て、その人に悪口を言っていたら、自分の方がよほど、悪いように見えます。

それでも顔を変えずにニコニコされたら、もうかないません。ギブアップになります。

したがって、「笑顔は敵意を抹消する最大の方法である」ということが言えます。


大川隆法総裁著『コーヒー・ブレイク』より


コーヒー・ブレイク―幸せを呼び込む27の知恵

↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『力をセーブする生き方』 大川隆法総裁 心の指針83




『力をセーブする生き方』 大川隆法総裁 心の指針83

自分を伸ばそう、伸ばそうとして、

焦ってもがいていると、

予想に反して、

抵抗の風は強くなってくることがある。

そして、さらに、

勇気を出して断行しようすると、

絶体絶命の窮地に立たされることもある。

馬力だけでは突破できない壁があるのだ。


そういう時、ある種の人々は、

自分が臆病になったかに感じる。

口数が減り、

どちらかというと無口になる。

そして、時折、

真ちんと考え込んでいる姿が、

家族や友人に目撃される。

自分自身では、成長が止まったかに思われる。


だが、真実はその反対であることが多い。

他人の承認を求める心を捨て、

思慮深く、自分自身の心と向き合っているのだ。


自分自身が臆病になってきたな、と思う時、

ずいぶん慎重になってきたな、と感じる時、

魂が成長していることが、ままあるのだ。


無理をしないで、

力をセーブする生き方がわかった人が、

継続的な勝利を手にすることができるのだ。


↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『信じるということは、この世とあの世の次元の壁を超えることである』

『信じるということは、この世とあの世の次元の壁を超えることである』


信じるということは、この世とあの世の次元の壁を超えることである


「信じるということは、この世とあの世の次元の壁を超えることである」

ということです。

この世とあの世の次元の壁は、はっきりとあります。

普通の人は、その壁を超えられずにいます。


それを超えるのは、信じるという行為です。


信じるという行為をほんとうに手にするためには、

次元の壁を超えなけれならないのです。

次元の壁を超えることは苦しみを伴います。

忍耐を伴います。

そして初めて、この世にあって、この世ならざる人間になるのです。

あの世と同通した心の持ち主のことを、

仏教的には「阿羅漢」(アルハット)といい、

キリスト教的には「聖人」といいます。

そういう世界に入っていくようになるのです。

みなさんが、もう一段の勇気を持つことを望みます。


大川隆法総裁著『神秘の法』より

神秘の法―次元の壁を超えて
神秘の法―次元の壁を超えて

↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『教育の本質』




教育の本質

どうしても言っておかなければならないことは、「教育というものの本質は真理の探究である」ということです。

真理とは「ほんとうに正しいこと」であり、ほんとうの正しさとは何であるかを探求することが教育なのです。


その正しさのなかには、世界の仕組みや法則もあり、また、人間の生きる道での正しさもあります。

そして、自然界の法則の奥にあるものも、人間界の法則の奥にあるものも、実は仏の心であり、神の心であるのです。


したがって、真理の核の部分には、本当は宗教的真理や哲学があるのですが、いまの日本の教育は、その核の部分にまで到達していません。


確かに、実用の学問も大事であり、そろばんと語学教育に象徴されるような、この世的に役立つ能力や知識も無駄ではありません。

しかし、その奥にあるものについても常に考えておかなければいけませんし、子供たちにも考えさせる必要があります。

世の教師たちには、そうした姿勢を持ってほしいのです。


崇高なもののために生きている教師は、子供たちからも尊敬を受けるでしょう。

少年の非行や犯罪などを防止するためには、ほんとうはそれが必要なのです。

教師は単なるサラリーマンであってはならず、聖職でなければいけません。

そうであってこそ、少年の非行や犯罪を防止することができるのです。


教師は、実用の具を教えつつも、より高度な価値観を学んでいく姿勢が大事です。

それがオーラのように伝わって、子供たちを変えていくのです。


大川隆法総裁『奇跡の法』より

奇跡の法―人類再生の原理
奇跡の法―人類再生の原理

↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

10/18発刊! 『大隈重信が語る「政治の心・学問の心」 』

10/18発刊! 『大隈重信が語る「政治の心・学問の心」 』

大隈重信が語る「政治の心・学問の心」
大隈重信が語る「政治の心学問の心」 (公開霊言シリーズ)


176頁 2011-10-18発行
定価 1,365円(税込)
著者 大川隆法


主な内容

「いまの日本人には、フロンティア・スピリットが足りない」

 早稲田大学や改新党を創立した大隈重信が、停滞する日本の政界と教育界を一喝する。


目 次

・大隈重信を招霊する
・日本の外交・政治に物申す
・教育政策についてのアドバイス
・理想の教育を実現するために
・宇宙時代に向けた教育を


↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『英語は、人生の密度を二倍にする』

The Meaning of Life(人生の意味)


英語は、人生の密度を二倍にする


現代はグローバリズムの時代なので、

やはり、できるだけ外国語を

マスターしたほうがよいでしょう。

何カ国語もできれば、

それに越したことはないのですが、

英語だけでも充分です。

多くの国や地域では

英語が通じますし、

英語で読めない文献等は、ほとんどないので、

英語一カ国語だけマスターすれば、

人生は二倍ぐらいの密度になります。

努力して外国語をマスターすると、

人生の密度が濃くなってきます。

また、自分自身を知ることができますし、

「他人を知り、社会を知る」という意味で、

よい経験になることがあります。

英語一つだけでもできると、

それを新しい武器として

人生を戦っていけることがあるので、

英語は非常に大切です。


大川隆法総裁著『青春の原点』より

青春の原点
青春の原点―されど、自助努力に生きよ


知的青春のすすめ―輝く未来へのヒント

↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『愛するとは理解すること』




愛するとは理解すること


愛に関しては、基本的には、

人を理解できるかどうかが大事です。

「理解した」ということは、

「愛した」ということと、

ほぼ同義なのです。

愛の器を広げるために必要なのは、

まず理解力です。

経験を積んだり、

知識を増やしたりしていけば、

人を理解できるようになります。

理解できた相手のことは、

愛することができます。

また、「自分は理解された」と思った人は、

「自分は愛された」というように

感じるのです。


大川隆法総裁著『アイム・ファイン』より


アイム・ファイン

↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ご訪問ありがとうございます
プロフィール

OOPA777

HERMES

管理人:オーパ
『幸福の科学』の信仰の素晴らしさを一人でも多くの人に伝えたい。この世が、限りなくユートピア世界になってほしい。心から願っています。(このブログは個人ブログ、幸福の科学非公式サイトです。)








カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
amazon.co.jp
おすすめ
大川隆法総裁著作
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。