FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『あの世が見えない理由』




あの世が見えない理由

死後の世界は、そう簡単に信じてもらえるものではありあせんし、仕組みとして、完全には証明ができないように創られていることも事実です。

もし、あの世の世界が目に見えたならば、誰もが「あの世を信じる」と言うでしょうが、「あの世の世界が、この世の世界と共存していて、生きている人間と同じように、この世を霊がたくさん歩いている」というようなかたちで、この世の人と霊が一緒に生活できるかというと、なかなかできないだろうと思います。

例えば、「あの世の霊が話しかけてくる。何か疑問を持ったら、すぐ、あの世の霊から答えが返ってくる。あの世の霊が、『ああしろ、こうしろ』と言う」という世界だと、けっこう大変でしょう。

私は、実際に、そういう世界を生きているのですが、これで普通でいられるというのは大変なことなのです。

通常は普通でいられません。

「変なことを言う」ということで、たいていの場合は隔離されてしまいます。

そういう世界を見ながら普通に生きるには大変な力が要ります。

そうとう研ぎ澄まされた理性・知性を持っていないと、通常は、おかしくなるのです。

毎日毎日、霊体験が重なってくると、どうしても行動も考えもおかしくなってきます。

これに耐えられる人は、やはり少ないのです。


霊的な世界が開かれた場合、よいものに導かれればよいのですが、そうでないものも入ってきやすいわけです。

悪例などが、いろいろ取り憑いてきたりして、声が聞こえ始めると、事実上、人間としての生存が不可能になり、ほとんど人生は終わりになります。

「霊の世界が見えたり、感知できたりしながら、それでも、あえて仕事ができる」というのは、映画「ゴーストバスターズ」の世界でしょう。

“幽霊捕獲人”として幽霊を追いかけ回している人であれば、それが商売なので、そのとおりでしょう。

それから、もちろん、職業的霊能者は、それで仕事をしているわけです。


しかし、普通の人の場合は、「霊の世界が、確かな実感として完全に証明できる」というところまで行ってしまうと、生活ができなくなります。

例えば、みなさんの死んだ祖父や祖母、父や母が、みなさんの部屋で、いつも、みなさんを見ていたり、夜、寝ているときに来たりするような状態では、みなさんは生活できないでしょう。

やはり、霊の声が聞こえず、霊の姿が見えないほうがよいのです。


大川隆法総裁著『霊的世界のほんとうの話。』より

霊的世界のほんとうの話。―スピリチュアル幸福生活
霊的世界のほんとうの話。―スピリチュアル幸福生活
スポンサーサイト

↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ご訪問ありがとうございます
プロフィール

OOPA777

HERMES

管理人:オーパ
『幸福の科学』の信仰の素晴らしさを一人でも多くの人に伝えたい。この世が、限りなくユートピア世界になってほしい。心から願っています。(このブログは個人ブログ、幸福の科学非公式サイトです。)








カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
amazon.co.jp
おすすめ
大川隆法総裁著作
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。