FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『死の下の平等』





死の下の平等


死後の世界について、

知らない、信じられない、という人がいます


その人たちの言い分としては

本当に、死後の世界があり、仏神という存在がいるのならば

それを、この世の人間にわかるようにしていなければ不親切である


そういう偉大なる存在があるのならば

もっと人間にわかるようにしているはずである

という考えを持っているということです。


まずは、その前提条件をクリアしなければなりません。


たしかに

この三次元世界の法則では死後の世界について

どんな人間にも分かるようなかたちにはなっていません

ゆえに、死後の世界は存在しない



科学の実験のように、死後の世界について

確かめることもできない

ゆえに、死後の世界は信じるに値しない。


と安直に答えを導きだすことは

まことに愚かなことだと言わざるを得ません。


死後の世界について

誰もが分かるようになっていないことには、

明確な理由があるのです。


その理由を知っておくことは、とても重要です


理由としては、

『この世の世界そのもの、数十年の人生そのものが

ある意味で、一種の試験である』ということなのです。


人間は、本来の世界である霊的世界から生まれてきて

肉体に宿り、物質世界のなかで生きていきます

そして

「この不自由な物質世界のなかで生きながら

どれだけ、霊的な人生観を手に入れることができるか

かつて仏神から学んだ教えを、どれだけ、実体験し

実践できるか」ということを試されているのです。


人間は、人生において、様々な経験を積んでいきますが、

それは試験でもあるのです。


その試験が終わったとき(人生が終わったとき)には

誰しも例外なく、霊的世界のことが分かるようになっています。


試験が終わると、人生の総復習が行われて

「あなたの今回の人生は、こうでした」ということが

必ず明らかにされます。


それまでの何十年かのあいだは蓋をされているのです。


「本当に、死後の世界があり、仏神という存在がいるのならば

それを、この世の人間にわかるようにしていなければ

不親切である」と主張することは言い換えれば、

試験問題を配られて、問題を解くときに

「答えが印刷されていないではないか」と言ったり

「試験監督が何も教えてくれないのは、けしからん」と文句を

言うことと全く同じ意味合いなのです。


人生という与えられた時間の中で

誰しもが、自力で問題を解いていくのが課題であり

仕事なのです。


人生は一種の試験なので

答えを全部教えるわけにはいかないのです。


しかし、ヒントは

人生の途中でたくさん与えられるようになっています。

そのヒントを見つけられるか、または活かせるかは

その人自身のアンテナ能力に左右されます。


幸福の科学の経典などがある(存在している)ということは

いわば「辞書持ち込み可」に相当するのです。

「答えは教えられませんが、辞書は持ち込んでも結構です。

自分で辞書を引いて調べるぐらいは、構いません」ということです。


理解できるか、理解できないか

信じられるか、信じられないか

ということは、リトマス試験紙の検査のように

「あなたは、どういう人間であるか」ということを

示しています。


「あの世の世界を知る」ということは

ひとつの大きな力ですが

知るだけでなく、信じることができたならば、それはもっと大きな力になります。


「信じる」という行為は、外国へ行くために船に乗ったり、飛行機に乗ったりすることに当たります。

リスクはありますが、それによって大きな旅ができます。


未知なる大陸、未知なる世界に旅をし、新しい世界観を獲得することができるのです。

信じるということができない場合には、自分の歩ける範囲以外の世界を見たり、体験したりすることはできなくなります。 


どんな人間にも必ず死は訪れます。

死の下においては、いかなる人間も平等なのです。
スポンサーサイト

↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ご訪問ありがとうございます
プロフィール

OOPA777

HERMES

管理人:オーパ
『幸福の科学』の信仰の素晴らしさを一人でも多くの人に伝えたい。この世が、限りなくユートピア世界になってほしい。心から願っています。(このブログは個人ブログ、幸福の科学非公式サイトです。)








カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
amazon.co.jp
おすすめ
大川隆法総裁著作
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。