FC2ブログ

『能力に限界はあるが、成長は無限である』

img110717.jpg

『能力に限界はあるが、成長は無限である』

人間が成長するときの角度、成長度を考えると、だいたい、生まれたときと比べれば、プラスのほうで成長してはいます。ただ、その成長の度合い、角度は、人によって、みな違うのです。

60度の成長度を持っている人と、45度の成長度を持っている人と、30度の成長度を持っている人を、同じ場所に同時に置いて、同じ課題、同じ仕事、同じ勉強などをやらせたならば、どうなるでしょうか。

60度の人は角度が大きいので、数学をやっても、英語をやっても、スーッと勉強は進んでいきます。45度の人は、それより少し遅くなります。30度の人は、もっと遅くなります。それだけを取ってみると、優劣は明らかです。

個人個人を見てみると、確かに、成長度は、その人の能力でもあり、才能でもあり、器でもあります。「60度、45度、30度といった、成長の角度を、それぞれの人が持っている」という意味において、それぞれの限界はあります。

ただ、60度の人は60度の人で成長を続けていきますし、45度の人は45度の人で、度の人は30度の人で、それぞれ、成長しつづけます。

そのように、それぞれの人が、同じ出発点、原点、ゼロのところからスタートして、それぞれの角度で走りつづけると、その速度が同じ場合、到達する地点の差は出てきますが、これは、「実は、そこで終わりにならない」という点が味噌なのです。

60度の角度で行く人は、そのまま、一生、ずうっと60度で上がりつづければ大したものですが、「兎と亀」の兎のように、途中で一服することがあります。「病気になる」「挫折する」「死ぬ」ということもあれば、「家庭生活が難しくなる」「会社がおかしくなる」ということもあります。いろいろなことがあり、失敗などの壁が出てきて、そのままの角度で成長できなくなることがあるのです。

「『自分は大変な秀才で、よい学校へ行き、よい会社へ入った』と思ったが、会社がなくなってしまった」ということは、現在、数多くあります。「あのままでいけば、自分はかなり出世できただろう」と思っても、会社がなくなってしまうと、個人としては、どうしようもありません。いくら早く部長になっても、それで終わりです。

一方、30度の角度の人が、「会社の規模は、60度の角度の人の会社より小さく、その十分の一ぐらいだが、潰れない」という会社で、ずうっと、30年、40年と上がっていけば、どうなるでしょうか。最終的には、60度の角度で行った人、二倍の角度で上がっていった人より、その半分の、30度の角度で上がっていった人のほうが、大きな成功を収めることがあるわけです。

「人の成長の角度に差がある」という点は、能力の差であり、限界ではあるのですが、それぞれの人にとっては、その角度での成長を続けていくことで、成長は無限なのです。

そのように、「人間の器や能力には限りがある」という教えと、「人間の成長は無限である」という教えは、矛盾しているようでいて、統合できるものなのです。


幸福の科学・大川隆法総裁著『希望の法』より

希望の法―光は、ここにある
希望の法―光は、ここにある

スポンサーサイト




↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ご訪問ありがとうございます
プロフィール

OOPA777

HERMES

管理人:オーパ
『幸福の科学』の信仰の素晴らしさを一人でも多くの人に伝えたい。この世が、限りなくユートピア世界になってほしい。心から願っています。(このブログは個人ブログ、幸福の科学非公式サイトです。)








カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
amazon.co.jp
おすすめ
大川隆法総裁著作
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード