スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『地獄はほんとうに存在するのか』

MP900433364.jpg


実際に地獄界は存在しています。

それは非常に厳しい事実ですが、そういう世界が現にあるのです。

地獄界は、地上世界に極めて近い世界だと思ってよいでしょう。

地獄界にいる住人たちは、もちろん、肉体はすでになく、この世のものではありませんが、まだ地上への執着を非常に強く持っていて、どうしても魂として純化できないでいる人たちなのです。

つまり、「この世界の人々は、まだまだ霊として十分に目覚めていない」と言ってよいでしょう。

現に地獄にいる人たちの話を聞いてみても、自分が死んだことすら知らない人が大部分です。

なかには、自分が死んだことを知っている人もいますが、「どのようにしたらよいのか。自分たちは、今、どこにいるのか。何をなせばよいのか。何が違っていたのか」ということを分からない人が大部分なのです。

この地獄世界にも、心の波動に応じた、さまざまな段階があります。上段階から下段階までがあるのです。

例えば、比較的上層の世界には、闘争や破壊を中心に生きた者たちが行く阿修羅地獄や、男女の道を誤った者たちが行く色情地獄などが存在しています。また、詐欺、殺人、傷害、強盗などを行った者たち、いわゆる犯罪人たちの行く世界がありますが、それも程度に応じて段階が違っています。

地獄の最下層のほうには無間地獄があり、そこには、思想的に、あるいは宗教的に人々を間違わせ、狂わせた人々が行っています。霊の世界は、殺人などの肉体的な間違いや物質関係での間違いよりも、「人の心を狂わせる」という罪を最大の罪としています。

さらに、主として無間地獄を中心に発生した、魔界というものがあります。これは、地獄の魔王たち、サタンたちが住んでいる世界です。

ただ、肝心なことは、「地獄は決して罪や罰のためだけにあるのではない」ということです。

「地獄は、それぞれの人が心の傾向性に合わせて赴く世界である」という事実があります。

すなわち、その人の心が粗雑な波動を出し、いわば重い沈殿物を有しているがために、どうしても上のほうに上がっていくことができずに、底のほうに沈んでいくのです。

これが物理学的な理由ですが、これを道徳的に見るならば、「各人が、自分の良心に照らして、自分の生前の思いと行いを反省し、そして、自分自身が許せなくなると、地獄世界に行って、さらなる魂の修行をする」ということになるわけです。


ここで、忘れてはならないポイントが一つあります。

それは、「人間の魂は転生輪廻というかたちで地上に生まれ変わってくるが、地獄界からは決して生まれ変わってくることはない」という事実です。

いずれにしても、地獄にいる人たちは、仏の心に反した思いと行いを現実に出して生きていたわけであり、その点に関して、深い反省を要求されているのだと言えましょう。


幸福の科学・大川隆法総裁著『霊的世界のほんとうの話。』より


霊的世界のほんとうの話。―スピリチュアル幸福生活 (OR books)


↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

「いつも幸福であるために」

img120511jpg.jpg


いつも幸福であるために


世の中には

自己憐憫型の人がいます。


自己憐憫とは、

自分がかわそうだという考え方です。

自分をかわいそうに思って、

常に悲劇の主人公にしようとする

心理的傾向を持っている人は、

決してほんとうの幸福をつかむことはできません。

「自分はこんな不幸に陥って、かわいそうだ」と考える、

人の同情を引くような性格が自分にあると思ったら、

勇気を持って、それを変えていくことです。

他人の道場など受け取る必要はないのです。

「自分は常に幸福である。自分はいつも積極的である。

いつも開拓的である。いつも前向きである」、

こうした積極的な姿勢こそが、ほんとうの意味での

幸福を開拓していくことにつながるのです。


大川隆法総裁著『幸福の原点』より


幸福の原点―人類幸福化への旅立ち


↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

「自己憐憫では決して幸せにはなれない」

img120510.jpg


人間は、「自分の悩みはとてつもなく大きい」と思いがちですが、たいていはそうではないのです。

それは過去にも現在にもある話であり、似たような悩みや苦しみを持った人は、ほかにもいる場合がほとんどなのです。


病気でも、それ以外の問題でも、悪い方ばかり考え、不安なほうばかり見ていく人がいます。

そうした傾向はどこかで断ち切らなくてはいけません。

「自分は憐れである。かわいそうである」という気持ちで、自分の内心をくすぐっている人が数多くいるのです。

「こんな病気をしたから、自分は不幸なのだ」「あのとき、ああした環境だったために、こうなった」「あれさえなければ」「こうであれば」ということを、あれこれ言う人はいくらでもいます。

これを自己憐憫といいます。

「自分がかわいそうだ」という感情です。

これは、他人から愛を与えられないので、一生懸命、自分で自分に愛を与えているのです。

こうして、自分で自分に肥料を与えているのですが、残念ながら、この肥料には毒素が入っていて、与え続けると、やがて草花は枯れてしまいます。

自己憐憫は、その人の心のまっすぐな成長を妨げるという意味において、毒素となっているのです。

「自分がかわいそうだ」と思って自分を愛している人は、いつまでたっても、豊かで素晴らしくはなれません。

何かにきっかけを見いだしては、自分をかわいそうな立場に追いやり、悲劇の主人公にまつり上げて、その傷口をなめている――こうした傾向のある人は数多くいますが、そうした人たちは、「自己憐憫では決して幸せにはなれない」ということに気づく必要があります。

結局、日を再び昇らせるための方法は、夜というものをあまりつかみ過ぎず、「夜は去っていくものだ」ということを知ることです。

すなわち、自分を憐れむ気持ちと早く決別しなければいけないのです。

決して自己憐憫はせず、たんたんと自分の王道を歩んでいくことです。

ここに日が昇っていく王道があるのです。

「自分も仏の子なのだ」という自覚を持ち、

その自覚に支えられて生きていくことが大切です。


大川隆法総裁著『不動心」より


不動心―人生の苦難を乗り越える法



↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

一人ひとりの「与える愛」が世界を平和にする

img_0503.jpg

一人ひとりの「与える愛」が世界を平和にする

幸福の科学には様々な教えがありますが、ただ一つ大事なものを挙げるとすれば、「愛」の教えです。

「愛」という言葉は現代では非常に誤解されています。

「愛とはもらうもの」「奪い取るもの」と思っている人が多いのではないでしょうか。


しかし、愛を奪えば奪うほど、実は自分が不幸になっていきます。

それは、欲望と一緒で限りがなく、満たされることがないからです。


幸福の科学では、「与える愛」こそが本当の愛だと教えています。


「与える愛」とは、難しいことではありません。

人に親切にしたり、笑顔や励ましの言葉を与えたり、感謝することも「与える愛」です。


しかし、「与える愛」の入り口は広く、奥行きは無限に深いのです。

わが子に無償の愛を与えているつもりが、子供が反抗してきたのをみて、自分の愛が報いられないことを嘆く親など、どこの家庭でも見られる光景です。


「愛」は、人間とって、幸福の源でもあり、不幸の原因でもあります。

与える愛に生きることができれば、その人の人生は幸福に満ちることでしょう。

なぜならば、愛を与えることによって、自分もまた「与えられる」からです。


それは、愛を与えた相手に感謝されるからというわけではありません。

感謝されなくてもよいのです。

なぜなら、その与えた愛の見返りは、神仏から与えられるからです。

胸が熱くなったり感動で涙が流れる時、実は神仏から光を与えられているのです。


この「与える愛」の素晴らしさに気づき、実践する人が増えれば、この世はそれだけで平和になり、ユートピアになります。

その一歩は、「愛は奪うものではなく、与えるもの」という真理に気づくところから始まるのです。


太陽の法―エル・カンターレへの道



愛の原点―優しさの美学とは何か



幸福の法―人間を幸福にする四つの原理


↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

「人材としての適否」

img120506.jpg

大川隆法総裁 心の指針89

「人材としての適否」


人の素質を見極めるのは、

とても難しい仕事だ。

一生かかっても、

黒帯を手にすることは、まれだ。


ある種の昆虫や魚が、

まわりの環境に合わせて、

色彩や姿形を変えるように、

人間も、

上司や同僚、

部下に対しては、姿をかえる。

異性に対しては、化けてもみせる。

夫婦親子でさえ、

真実の姿を見抜くのは難しい。


しかし、それでも、

人材の適否は見極めていかねばならない。

出発点には大差はなくとも、

人間、数年、数十年のうちには、

横綱と幕下、以上の差がついてくるものだ。

それを認めない人は、

正直であるとは言えまい。


まず、才能、努力、性格をじっくりと見よ。

つぎに、一生を貫く熱意があるかを見よ。

さらには、

天がその人に味方するかどうか、考えよ。


他人の運命も、自分の運命も、

やがて、くっきりと浮かび上がってくるであろう。



「リーダーに贈る『必勝の戦略』」-人と組織を生かし新しい価値を創造せよ


↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ご訪問ありがとうございます
プロフィール

OOPA777

HERMES

管理人:オーパ
『幸福の科学』の信仰の素晴らしさを一人でも多くの人に伝えたい。この世が、限りなくユートピア世界になってほしい。心から願っています。(このブログは個人ブログ、幸福の科学非公式サイトです。)








カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
amazon.co.jp
おすすめ
大川隆法総裁著作
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。