FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『この世が「仮の世」である証拠』




この世が「仮の世」である証拠

「生・老・病・死」という苦しみ

「永遠の生命」についてのお話です。

私(大川隆法)は、さまざまな書物や法話のなかで、この永遠の生命についてくり返し述べてきましたが、皆さんは、その真実をいったいどれだけ心に刻んでいるでしょうか。それをもう一度、確認したいと思うのです。

人間の真実の生命は、有限のものではありません。そして、この世の人生と思っているものは、実は、真実のものではなく、かりそめのものにすぎません。

この世の数十年の人生が真実のものでない証拠は、「生・老・病・死」という言葉に象徴される「四苦」の存在にあります。

なぜ、人は生まれるに際して、苦しみのなかを通過してくるのでしょうか。なぜ、母親のお腹の中に宿り、長い長い時間、暗闇のなかでじっと耐えているのでしょうか。そして、泣きながら生まれてくるのでしょうか。

本来の世界の自由自在さを忘れ、不自由な世界に生まれんとする苦しみは、「生」の苦しみです。そしてそれは、また一から出直さなければならないという、手探りの人生、無明の人生の始まり(仏法真理を知らず、智慧がない状態)でもあります。

しかし、そのような生まれ方をしても、十年、二十年、三十年の歳月を過ごすうちに、人はこの世に愛着を覚え、この世の人生に執着するようになります。みずからがいとおしく思われ、この世の人間関係がいとおしく思われ、この世の世界のありとしあらゆるものを、自分の手に入れたいと思うようになります。

そして、青春を謳歌し、人生の盛りを迎えると、やがて「老い」が襲ってきます。からだの痛みや、顔の皺、白髪が現れ、そして何よりも、精神に張りがなくなり、未来が不透明となり、夢がなくなっていきます。また、過去を思い返しては、取り戻すことのできない青春の日の思い出に執着するようになります。

老いは、男性にも女性にも厳しく迫ってきて、それから逃れようとしても、結局は追いつかれてしまいます。

さらに、「病」の苦しみがあります。人はみな、「五体満足で、健康に一生を全うしたい」と思うのですが、残念ながら、人生の過程において病の時を得ます。

それは同時に、失意の時であり、本来、肉体が自分自身のものではなく、仮のものであることを感じさせられるときでもあります。自分のものでだと思っている肉体でさえ、自分のものではないのです。その証拠に、自分の自由にならないのです。

これは、特に病の時に象徴的に感じることです。健康になりたくてもなれない。あるいは、病になりたくなくてもなってしまう。それが、肉体が借り物であることの証拠なのです。

そして、「死」の苦しみです。これは、人間にとって最大の苦しみでしょう。

いま、ピンピンしている自分も、必ず死を迎えます。いまから百年前には、現在、生きている人のほとんどが、この地上には存在しませんでしたし、また、いまから百年以上先には、今生きている人は、おそらくほとんど存在しなくなっているでしょう。

このような不安のなかを生きていくのは、大変なことです。死の恐怖から逃れるために、この世のみに関心を持ち、享楽のなかを過ごしていても、やがて老いという苦しみがむち打ち、死が現実になります。年をとるにつれて、ちょうど木の葉が落ちていくように、身の回りで次々と人が死んでいきます。

こうした「生・老・病・死」の四苦の苦しみを見るにつけて、「真実とはいったい何であるのか。

真理とはいったい何であるのか」ということを問う哲学的衝動から自由でいられる人はまれでありましょう。


大川隆法総裁 スペッシャル メッセージより

永遠の生命の世界―人間は死んだらどうなるのか
永遠の生命の世界―人は死んだらどうなるか


↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
ご訪問ありがとうございます
プロフィール

OOPA777

HERMES

管理人:オーパ
『幸福の科学』の信仰の素晴らしさを一人でも多くの人に伝えたい。この世が、限りなくユートピア世界になってほしい。心から願っています。(このブログは個人ブログ、幸福の科学非公式サイトです。)








カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
amazon.co.jp
おすすめ
大川隆法総裁著作
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。