スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『この世とあの世の真実を知る』



『この世とあの世の真実を知る』


肉体が人間の全部ではありません。

霊が肉体に入って一緒に生活をし、

死を境に魂は肉体から遊離し、

あの世に旅立ちます。

三途の川を渡る頃までは善悪が分からない状態ですが、

その後、生きていた時のことを反省させられ、

行き場所が決まります。

この世の生き方が、

そのままあの世の行き先に投影します。

どの様な生き方をしたかで、

天国、地獄、あるいはこの世でうろうろするかを決めるのです。

あの世が見えないのは、

この世の生活に支障が出ないようにするためです。

いつの時代も、宗教家や、霊能者が出てきて、

仕組み自体は教えますが、

それを信じるかどうかは、

各人の実践に任されているのです。



信仰を通さずして、あの世に跳躍して入ることはできません。

だから信仰のすすめをしているのです。


大川隆法総裁 2009年 盛岡支部精舎


↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

『心の平和』 大川隆法総裁 心の指針69



心の平和


心の平和  大川隆法総裁 心の指針69


長い人生の間には、

あなたの敵として現れてくる人もいるだろう。

あなたを害し続ける人も出るだろう。

だが、よく知ってほしい。

愛と憎しみは、コインの裏表なのだ。


そもそも、あなたに関心のない人は、

あなたを敵視したり、

批判したりすることはないのだ。

相手の自尊心を傷つけたかもしれない。

あるいは、

相手の厚意を無視したのかもしれない。

また、

相手の嫌っている人の味方をしたのかもわからない。


とにかく、

自分を害した人を、

いつまでも恨み続け、

憎み続けることは、

あなたの仏性を汚すのだ。

報復は、あなた自身の魂を、

地獄の泥沼に引きずり込むだろう。


許しなさい。

忘れなさい。

そして心の平和を得なさい。



↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『静かに歩め』

静かに歩め



静かに歩め


諸々の比丘、比丘尼たちよ。

今日は、あなたがたに忍耐と成功の話をしよう。

この話はとても大事だ。


私はいつもあなたがたに、

執着を去れと教えてきたはずだ。

執着のなかでも、

あなたがたを成功から遠ざける最たるものは、

時間における執着だ。

時間における執着とは、焦りのことをいう。

あなたがたは、

焦りという名の執着によって、

常に苦しんでいる。

あなたがたは、

焦りという名の執着によって、

常に迷っている。

あなたがたは、

焦りという名の執着によって、

常に虜となっている。


人びとよ、まさしく焦りのは人生の敵である。

静かにゆく者は遠くもでゆくのだ。

音少なくしてゆく者は、千里を駆ける。

騒がしく鉦や太鼓の音とともに歩む者は、

さほど遠くまで進むことはできない。

なぜならば、

鉦を打ち、太鼓をたたく音を聞いて、

まわりからゾロゾロといろいろな人が集まってきて、

やがて話し込むうちに、

本来の旅の目的を忘れ去ってしまうからだ。

ゆえに、諸人よ、

先を急ごうとするならば、静かにゆけ。

目的が遥かに遠くあるならば、すみやかにゆけ。

深く、静かにゆくがよい。


大川隆法総裁『仏陀再誕』より


仏陀再誕 携帯版
仏陀再誕 携帯版


仏陀再誕―縁生の弟子たちへのメッセージ
仏陀再誕―縁生の弟子たちへのメッセージ



↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『勇気百倍』

勇気百倍


勇気百倍

                大川隆法

あなたは、「勇気」という言葉を聞いて

どのように感じるか。

「勇気」という言葉に接して、

まさしく勇気が湧いてくるか。

それとも尻尾をを巻いて後退りするか。


私は、明らかに前者だ。

眠っていたマグマが噴出してくるのを感じる。

自分の体内に、魂の中に、

いったいこれほどまでの力が眠っていたのかと

信じられないほどの強力なエネルギーが

ほとばしってくるのを感じるのだ。

この力は、あらゆる悪意を退け、

あらゆる害意を吹き払い、

善意の激流となって

障害物を押し流してゆく力なのだ。


幸福の科学の運動は、

天上界の高級諸霊熱意からはじまっているのだ。

それは仏の意志にも等しいのだ。

高級諸霊あい集いて

私たちをバック・アップしてくれているのに、

どうして私たちは弱者でいられようか。

どうして臆病でいられようか。

どうして逃げ腰でいられようか。


さあ、勇気を起こせ。

時節は到来した。

ユートピア建設を開始するぞ。

強くなれ。

内を固めよ。

そして勇気ある一歩を踏み出せ。


「勇気」という言葉に接して、

勇気百倍とならずしてどうする。

限りなく力強くあれ!



『光よ、通え』より
 




↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

「仏陀再誕」の時代に生まれる幸福

「仏陀再誕」の時代に生まれる幸福


「仏陀再誕」の時代に生まれる幸福


あなたがたは、

仏と同じ時代に生まれることが、

いかほど難しいかということを知っているか。

仏が下生するときに、

生まれ合わせるということは、

これは、たとえようもない幸福であるのだ。

そのような時代に、

そのような地域に、

同世代として

生まれ合わせることができた者は、

幸いである。

また、生きて仏に相見えることができた者は、

また幸いである。

生きて仏に相見え、

仏の声を聴き、

仏の姿を見ることができた者は、

幸いである。

その幸福は、おそらく、

幾千万年、幾億年の幸福に匹敵するであろう。


また、仏の世に生をうけ、

仏の世に仏に巡り合い、

仏の教えを聴き、

そして仏の教えをよすがとして、縁として、

そして悟りに至ること、これまた難し。

そのようなことは、

稀有なる幸福であるということを

知らねばならない。

仏と同じ時代に生まれることでさえ、

稀有なることであるのだ。

また、生きて仏に相見えることも、

稀有なることなのだ。

ましてや、仏に相見えて、

悟りを与えられるということは、

さらに稀有なることなのだ。

あなたがたは、

こうした大いなる幸福を得るためには、

他の一切が惜しくない

という気持ちを持たねばならない。


地上を去る時に持って還れるものは、

心しかないのだ。

心しか持って還れないならば、

その心を幸福に満たす以外に

手だてはないのだ。

心を幸福に満たすには、

悟りの喜びを味わうに如くはないのだ。

悟りの喜びを味わい、心幸福ならば、

今世はすなわち成功したと言ってもよい。

その幸福のために、すべてを賭けよ。


大川隆法総裁『仏陀再誕』より


仏陀再誕 携帯版
仏陀再誕 携帯版


仏陀再誕―縁生の弟子たちへのメッセージ
仏陀再誕―縁生の弟子たちへのメッセージ




↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『独立不羈』

独立不羈


独立不羈


ひるむな、ひるむな。

断じてひるんではならない。

使命をうけて今生に集いし者たちよ、

あなたがたは断じて

ひるんではならない。

あなたがたは断じて、

弱音を吐いてはならない。


あなたがたは信仰ある人たちではないか。

信仰ある人とは

目覚めた者のことではないのか。

そして目覚めた者こそ

真に強き勇者となるのではないのか。

勇者であってこそ、

真の光の戦士ではないのか。

勇者であってこそ、

真にユートピア建設に

立ち向かえるのではないのか。

勇者であってこそ、

真に他の人びとに

優しくなりえるのではにのか。


なるほど、なるほどと、

あなたがたはうなずくことだろう。

ならば、勇者になる方法を授けよう。

「独立不羈」の精神、これである。

自らの責任において、自らの行動を執り行え。

そして一人でも多くの者に愛を与えよ。

その時、真の自覚が目覚めるのである。


『光よ、通え』より



↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『大いなる発想』

大いなる発想


大いなる発想


「過去を見れば、

いったいその人が何ものであるかがわかる」とは

人生の達人の言葉であろう。


では、何を見ればその人の未来がわかるのか。

その人の未来を予知される脂質とは

果たして何なのだろうか。


私は、答えは「発想」にあると考える。

人の未来を形づくる原動力は、その人の発想にある。


あなたは苦難の時、いかなる発想をするか。

困難の時、いかなる発想をするか。

悲しみの時にいったい何を考えつくか。

他人の幸福な姿を見て何を心に思うか。

人生の上げ潮の時に何を発想するか。

そしていったい何を人生の目標といて考えるか。

あなたにとって人生の偉業とは、はたして何なのか。


時々刻々に発想せよ。

新しき問題には新しき発想で対応せよ。

多くの人がそうするからといって、

なぜあなたも同じ考え方をせねばならなぬのか。

世の常識と呼ばれることさえ、

人類の歴史の流れの中において、

ある時に傑出した人物が発想し、行動してみせたことが、

後の人びとに踏襲されたに過ぎないのではないのか。


新たなる偉人よ、井でよ。

新たなる偉人よ、井でよ。

精神革命を起こすためには、革命的な発想が必要だ。

人びとよ、大いなる発想を打ち出していこう、。

新しき時代を切り拓いていくのは、

まさしくあなたであり、私であるのだ。


『光よ、通え』より


↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『愛の具体化』

愛の具体化


愛の具体化


愛の具体化という言葉を、

あなたがた一人ひとりに投げかけたい。


人はともすれば誤解しがちであるが、

愛とは決して抽象的なものではない。

愛のエキスが抽象的に語られることはあっても、

愛そのものが抽象のうちにとどまるということは

決してない。


愛は具体化かだ。

愛は常に具体化を要求する。

それはちょうど、毛虫がさなぎとなり、

やがて蝶となって大空に飛び立っていくように、

抽象的な理念を通り越して、

必ず具体化してゆくものなのだ。


汝、愛ある人であるならば、その愛を示せ。

愛ある人のまわりには常に、

優しい雰囲気が漂っている。

いや、ただ漂っているのみならず、

有形、無形に優しい行為が示されているはずだ。


厳しさをとってあらわれる愛は、

他を善導し、教化し、

魂に覚醒を促すときにのみ許される。

しかして常に許しを伴うものなのだ。


『光よ通え』より




↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『高等宗教の条件』

高等宗教の条件


高等宗教の条件


高等宗教は

「この価値観に則って生きれば

仏神に近い世界に行くことができ

地獄には堕ちない。

しかし、この価値観に従わずに生きたならば

死後、苦しい生が待っている」

ということを説きます。

宗教とは、価値観を提示し

物事の正邪を教えるものなのです。


「目に見えない世界について考えをまとめ

その考え方に基づいて

生きることができる」というのは

非常に優れたことです。

そして、これは

高等宗教の条件でもあるのです。


大川隆法著『繁栄の法』より


繁栄の法―未来をつくる新パラダイム
繁栄の法―未来をつくる新パラダイム



↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『本物の信仰』

本物の信仰


本物の信仰


信仰とは

師より流れ出してくる

仏法真理の大河を敬い

その法を恭しく受け

究極なる仏に対して

誓いを立てることをいう

仏弟子として

仏法真理の縁にふれて

生まれ変わったならば

必ずや、その報恩のために

生きるということを。

必ずや、その教えを人生の指針として

生きるということを。

こうした誓い、

誓願を立てることをもって

あなたがたの信仰は本物となるのだ。


大川隆法総裁著『永遠の仏陀』より


永遠の仏陀―不滅の光、いまここに
永遠の仏陀―不滅の光、いまここに



↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『目に見えない価値』

目に見えない価値


目に見えない価値


人間が人間である理由は、

「五感で感知できるもの以上の

尊いものを理解し、

それに基づいて行動できる」

という点にあります。

人間は動物と違って、

高度なものを信じ、

それに基づいて生き、

ユートピアという、

目に見えない価値を

つくり出すことができます。

だからこそ、

人間は尊いのです。


大川隆法著『繁栄の法』より


繁栄の法―未来をつくる新パラダイム
繁栄の法―未来をつくる新パラダイム



↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『感謝と自助努力の心』

この世は、自分を磨くための学校


感謝と自助努力の心


いのちも、からだも、

仏からいただいたものなのですから、

それを充分に生かしきり、

「この世の世界、実社会は、仏から与えられた、

『自分を磨くための学校』である。

小学校や中学校などと同じように、

実社会もまた学校なのだ

その中で自分を磨かなくてはならない。

そのようなありがたい環境なのだ」

と思って努力していくことが

大事なのです。


大川隆法著『繁栄の法』より


繁栄の法―未来をつくる新パラダイム
繁栄の法―未来をつくる新パラダイム



↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『真実のもとへ』

肉体は”乗り舟”にしか過ぎない


真実のもとへ


真理はひとつである。

霊界は実在し、

人間は魂を持った存在である。

肉体は”乗り舟”にしか過ぎない。

それが真実である。

すべての学問の根本には

真理がなくてはならない。

教育の目的も

真理の獲得でなくてはならない。

そして、宗教もまた、

真理を明らかにするための

努力を怠ってはならないのだ。


大川隆法著『繁栄の法』より


繁栄の法―未来をつくる新パラダイム
繁栄の法―未来をつくる新パラダイム



↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『二十一世紀を開く未来宗教』

二十一世紀を開く未来宗教


二十一世紀を開く未来宗教


私は、

「霊界の存在や

人間の転生輪廻を認める思想のもとで、

学問や技術の進歩を目指していく社会こそが、

未来社会である」

ということを予言します。

幸福の科学こそが、

二十一世紀において、

世界の数十億もの人びとを啓蒙していく

未来宗教であり、

もはやキリスト教や仏教では

教えなくなった、

現代および未来の人びとを

救いうる宗教なのです。


大川隆法著『繁栄の法』より


繁栄の法―未来をつくる新パラダイム
繁栄の法―未来をつくる新パラダイム



↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『未来に勝利する』

未来に勝利する


未来に勝利する


「厳しい時代であればあるほど、

さらに自分を磨けるのだ。

自分を磨いて、

もっともっと突き進んでいくのだ」

と考えなければいけません。

厳しさに打ち勝ってこそ、

未来は開けるのです。

厳しいなかを生き抜くだけの

不退転の決意と、

努力・精進する心を

大切にしてください。

常に努力を続けるものに取って、

あきらめずに粘り抜く者にとって、

未来は勝利でしかないのです。


大川隆法著『繁栄の法』より


繁栄の法―未来をつくる新パラダイム
繁栄の法―未来をつくる新パラダイム



↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

新たなる発想




新たなる発想


最終目的地へ向かう途中においては、

とにかく考えに考えを重ねて、

いろいろな発想をする必要があります。

新しい困難に対しては、

新しい考え方で戦わなければいけません。


病原菌などに対して

肉体は常に戦っていますが、

それと同じように、

苦難や困難、挫折の原因がやってきたならば、

それと戦うことが大切です。

「新しい困難には、

新しい発想、新しいアイデアで戦う」

――これが根本です。



大川隆法総裁著『繁栄の法』より


繁栄の法―未来をつくる新パラダイム
繁栄の法―未来をつくる新パラダイム




↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『心の力を鍛えよ』

心の力を鍛えよ


心の力を鍛えよ


心は

耕すことも、

鍛えることも、

伸ばすこともできるものであり、

非常に価値のあるものです。

鍛え方によっては、

心の能力は

千倍にも五千倍にも一万倍にも

なっていきます。


人間は心の法則に

目覚めなくてはなりません。

最終的な勝利の鍵は、

「考える力」にあるのです。


大川隆法総裁著『繁栄の法』より


繁栄の法―未来をつくる新パラダイム
繁栄の法―未来をつくる新パラダイム



↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『幸福を形づくる信仰心』

幸福を形づくる信仰心


幸福を形づくる信仰心


信仰は非常に大事です。

人間が幸福に暮らし、

成長していくうえで、

ぜひとも必要なものです。


信仰を人間の本能ととらえるならば、

その本能に対して、

素直に、謙虚に生きていくこと、

仏神の心に従順に生きていくことが

非常に大事になります。

すべての人が、目に見えない世界の

偉大なる意志を感じ取り、

普遍的な考え方を共有すれば、

ともに仲よく助け合いながら

生きていくことができるのです。


大川隆法総裁『繁栄の法』より


繁栄の法―未来をつくる新パラダイム
繁栄の法―未来をつくる新パラダイム



↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『繁栄する生き方』

繁栄する生き方


繁栄する生き方


繁栄とは、

光り輝いた生き方のことです。

栄える生き方、

素晴らしい生き方、

喜びみ満ちた生き方です。


幼少時期から青年期にかけて、

さらには大人になってからも、

「仏神に近づいていきたい」という

目標を持って努力している人は、

だんだん精神的に立派になり、

また、日々の行動も、

よき習慣に動かされるように

なっていきます。


大川隆法総裁著『繁栄の法』より


繁栄の法―未来をつくる新パラダイム
繁栄の法―未来をつくる新パラダイム




↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『幸福への出発』

幸福への出発



幸福への出発


「人間は

幸福になるために

存在しているのだ。

人間には幸福になる義務があるのだ」

という積極的なイメージを持って

生きていくことです。


みじめな自己像をいくら見つめても、

よくなることは決してありません。

考え方の根本を変えて、

自己イメージを輝かせることが大切です。

他人に原因があると思ってはいけません。

まず、自己像を改善し、

自分の雰囲気を変えていくことが

大切なのです。


大川隆法総裁著『幸福になれない症候群』より


「幸福になれない」症候群―グッドバイネクラ人生
「幸福になれない」症候群―グッドバイネクラ人生


↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『憑依と病気』

憑依と病気


憑依と病気


更年期には、病気が発生しやすいのですが、

愚痴もよく出るになります。

愚痴を多発すると、霊的な面では、

いろいろな悪霊に憑依される原因になりやすいのです。


いつも同じ傾向のマイナスの思いを出していると

さまざまなものが取り憑いてきます。

人霊だけではなく、動物霊も含めて、さまざまな憑依霊が、

その人の体に巻きついてくるので、その影響によって、

いろいろな病気になりやすくなります。


さらに、もっと深いところまで入ってこられると、

リウマチや膠原病など、

難病・奇病と言われるものが多発してくるのです、


したがって、悪霊に取り憑かれる原因となる、

心の曇りをつくらないようにしなければいけません。


『超・絶対健康法』(大川隆法著)より


超・絶対健康法―奇跡のヒーリング・パワー
超・絶対健康法―奇跡のヒーリング・パワー




↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『心の深耕』

心の深耕



心の深耕


心は、たとえてみれば、

畑のようなものだ

乾いた地面を掘り起こし、

小石を一つ一つ取り除く。

雑草を抜き取り、

土を細かく砕いていく。

堆肥を与え、

水を注ぐ。

そして、

はじめて種蒔だ。

土をかぶせ、

注意深く、芽吹くのを待つ。

また、水をやり、

害虫を防ぎ、

実りを待つ。

秋は、必ず、巡ってくるだろう。


『無我なる愛』より



↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『仏法真理の太陽が昇る』

仏法真理の太陽が昇る


仏法真理の太陽が昇る


これよりのち

仏法真理の太陽の昇りくるにつれて

この地球の一角から

大いなる光がほとばしり出るでありましょう。

その一角こそ、仏陀再誕の地、日本なのです。

ですから、今後、日本を中心として

仏法真理の太陽が、燦然と、悠然と昇りくる姿を

数多くの人が見ることになるでしょう。

世界は今、光を欲しています。

人類が築きあげてきた

「迷妄」という名の闇の砦を打ち砕くために

旭日昇天の勢いで

仏法真理がひろがっていくことが

急務となっています。

その仏法真理の流布を

人生の偉業とすべく

ひとりでも多くの人々に

立ちがっていただきたいがために

この『太陽の法』は書かれていくのです。



大川隆法総裁著『太陽の法』より


太陽の法―エルカンターレへの道



↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『積極果敢な人生をひらく』

積極果敢な人生をひらく


積極果敢な人生をひらく


執着を断つことは

人生における一大決意だといえます。

つまり、永遠の人生において

幸福を保証する英断であります。

しかし、このことは

人生を消極的に生きよ、

うしろ向きに生きよという意味では

決してありません。

執着を断つからこそ

積極果敢な人生が開けてくるのです。


すべてこの世的な執着を断って

熱鉄火のごとく赤く、熱く燃えてこそ

真実の人生なのです。

それでこそ、仏の子としての人生なのです。


大川隆法総裁著『太陽の法』より



太陽の法―エルカンターレへの道


↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『地上界の意味』

地上界の意味


地上界の意味



地上界というのは

ひとつの修行の場なのです。

天上界で

自由自在に生きていた霊にとっては

肉体に宿るということは

すなわちこれ

自らの霊性、

仏性が試されるときなのです。

自分の霊的な覚醒が

はたして本物かどうかが

徹底的に試される場なのです。


大川隆法総裁著『太陽の法』より



太陽の法―エルカンターレへの道


↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ご訪問ありがとうございます
プロフィール

OOPA777

HERMES

管理人:オーパ
『幸福の科学』の信仰の素晴らしさを一人でも多くの人に伝えたい。この世が、限りなくユートピア世界になってほしい。心から願っています。(このブログは個人ブログ、幸福の科学非公式サイトです。)








カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
amazon.co.jp
おすすめ
大川隆法総裁著作
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。