FC2ブログ

『暗黒思想に負けてはいけない』

暗黒思想に負けてはいけない



暗黒思想に負けてはいけない


現代は病院が大流行ですが、病院は暗黒思想の塊のようになっているので、気をつけなければいけません。

医者には、診察した患者について、考えられる最悪のことを言う傾向があるので、どうか、その言葉にまけないでください。最初に最悪のことを言っておけば、後で悪くなっても医者には責任がありませんし、少しでもよくなれば、「腕がよい」と評価されるので、医者は、どうしても悪いことを言いたくなるのです。

しかし、食べ過ぎや運動不足などの不摂生だけでなく、心のあり方も病気の原因の半分以上を占めているので、“心のマネジメント”によって治せる病気はたくさんあります。

その意味で、医者が、どんなに、「もう先がない」「一生治らない」「一生この薬を飲み続けなければならない」と言っても、その通りに受け止めてはならない面があるのです。

「そんなことはない。自分は神の子、仏の子だ」「自分には、自分自身を治す治癒力があるのだ」ということを強く念じなければなりません。「自分は自分の身体を治せるのだ」と自分に暗示をかけてください。

自分の体は、これまで自分がつくってきたのです。意識してか無意識にか、つくってきたものなのです。その体が病気になったのであれば、どこかでうまくいかなくなったわけですから、今度は、「変えていこう」という意識を強く持って、それを思い続けることです。そうしたら、変わってきます。

ほとんどの病気は治せるのです。日本人の死因の上位にある、ガンや心臓病、脳や血管系の病気をはじめ、ほとんどの病気は、本来は治せるものなのです。

もちろん、人間はいつか死ぬことになっているので、死ぬこと自体は避けられません。しかし、人生の大事な時期に死なないようにすることは可能です。たとえば、仕事の面で大事なとき、家族にとって大事なときなどに、病気で死なないようにして、上手に生き延びることはできるのです。


大川隆法総裁『心と体のほんとうの関係。』より


心と体のほんとうの関係。―スピリチュアル健康生活
心と体のほんとうの関係。―スピリチュアル健康生活



↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



ご訪問ありがとうございます
プロフィール

OOPA777

HERMES

管理人:オーパ
『幸福の科学』の信仰の素晴らしさを一人でも多くの人に伝えたい。この世が、限りなくユートピア世界になってほしい。心から願っています。(このブログは個人ブログ、幸福の科学非公式サイトです。)








カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
amazon.co.jp
おすすめ
大川隆法総裁著作
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード