FC2ブログ

『成功体験から他者への愛へ』-コンプレックスを乗り越えるためには

成功体験から他者への愛へ



成功体験から他者への愛へ


劣等感の処方箋として、

それをバネに使って成功への道を歩むということもあります。

しかし、次には、

成功の感覚を実感として持つことが必要です。

そして、劣等感などを味わって苦しんできた道程を、

ユーモアとして人に話し、

同じ苦しみにある人たちの苦しみを和らげ、

生きる道を教えてあげることです。


『幸福への道標』(大川隆法著)より



↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



『信念を持って努力を続ける』-コンプレックスを乗り越えるためには

信念を持って努力を続ける



信念を持って努力を続ける


もし学歴の不足が悔しいならば、

それを埋めるための努力をすべきです。

他人の三倍ぐらいやれば、

たいていの場合はできます。

他人が二年や三年でやれることを、

十年かけてできないはずは絶対ありません。

できないのは、努力と信念の不足だと思います。

コンプレックスは、

それを打ち消すだけの努力をして初めて、

打ち消せるのだと私は信じます。


『常勝思考』(大川隆法著)より


常勝思考―人生に敗北などないのだ。
常勝思考―人生に敗北などないのだ。



↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『魂に磨きをかける』-コンプレックスを乗り越えるためには

魂に磨きをかける



魂に磨きをかける


悲しみの発生原因、

根源は、たいていの場合、

理想と現実のギャップにあります。

このギャップが大きければ大きいほど、

青年は懊悩し、苦悩し、

悲しみを深く感じ取っていきますが、

この悲しみが、

やすり、あるいは砥石となって、

魂に一種の磨きをかけているのです。


『若き日のエル・カンターレ』より



↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『深く人生を見つめる』-コンプレックスを乗り越えるためには

深く人生を見つめる



深く人生を見つめる


劣等感があるということはありがたいことです。

人はみな、否応なくそのことに

頭をめぐらさざるをえなくなりますから、

他人への観察力と、

自己観照の力が増えざるをえなくなるのです。

それは結局、

深く人生を観察する契機となり、

知らず知らずのうちに

心の糧を蓄積することになるのです。


『新・幸福の科学入門』(大川隆法著)より



↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『仏との約束』-人生を生きる意味とは

仏との約束



仏との約束


人間が、この地上に生まれ変わってくる際には、

必ず、「仏のお役に立つ」ということを約束して、

また、「仏の教えを守る」ということを約束して、

生まれてきているのです。


みなさんは、一人ひとり、

自分の心に問うてみていただきたいのです。

「自分は、どのようなことを仏と約束したか。

どにように約束したか」ということを、

考えてみていただきたいのです。


仏との約束事はの内容は一人ひとり違います。

ただ、仏と約束をしたということは、

とてもとても大切なことだと思います。


『若き日のエル・カンターレ』より



↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『僕にとって生きる意味って何? 』-人生を生きる意味とは

僕にとって生きる意味って何?



僕にとって生きる意味って何?


人間は仏から分かれた仏の子ですが、

その仏の子は、誰も彼もが同じ顔をして、

同じ人生を生きればよいということにはなっていないのです。

本来は同じものであっても、

個性というものを得て、

個性的な人生の花を咲かせることが期待されているのです。


『幸福への道標』(大川隆法著)より



↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『僕って何?私って何?』-人生を生きる意味とは

僕って何?私って何?



僕って何?私って何?


根本仏は、自己表現の一端として、

大宇宙を創り、

大宇宙のなかに住む生命体を創りだしたのです。

あなたがたは、自分自身が仏の一部であり、

仏の自己表現の一端を担っていることに、

誇りと自身を持つべきなのです。


『太陽の法』(大川隆法著)より



太陽の法―エルカンターレへの道

↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『世の中には、なぜ悪があるの?』-人生を生きる意味とは

世の中には、なぜ悪があるの?



世の中には、なぜ悪があるの?


悪とは、魂そのものの中に潜む性質ではありません。

悪とは、お互いの魂の自由と自由が相克するところに

生まれたゆがみであり、ひずみなのです。

人間は、そもそも、自分ひとりでは、

いかなる悪も犯しえません。


『太陽の法』(大川隆法著)より



太陽の法―エルカンターレへの道

↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ご訪問ありがとうございます
プロフィール

OOPA777

HERMES

管理人:オーパ
『幸福の科学』の信仰の素晴らしさを一人でも多くの人に伝えたい。この世が、限りなくユートピア世界になってほしい。心から願っています。(このブログは個人ブログ、幸福の科学非公式サイトです。)








カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
amazon.co.jp
おすすめ
大川隆法総裁著作
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード