スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『嫉妬心を抑える』

MP900227688.jpg


嫉妬心を抑える―嫉妬心を感じる相手は、実は自分の「理想像」


自分が嫉妬を感じる相手は、ほんとうは、自分自身の「理想像」なのです。

理想像であるその人を嫉妬しているかぎり、幸福にはなれません。

それは、相手に、“呪いの矢”を撃っているようなものなのです。

「あの人は、うまいことをやっている。許せない」

「お金儲けをしている。許せない」

「ビルを建てている。許せない」

「親が偉い。許せない」

などと思い、呪いの矢でパシーッと撃ち落そうとしているのです。

それでは人脈ができないでしょうし、徳もないので、「友達はできず、支えてくれる人もいない」といいうことになってしまいます。

成功している人を見たら、まず、それを理想像として祝福することが大切です。

人間は、自分が理想化し、肯定し、祝福した相手に、必ず近づいていきます。

自分が目標として心に描いている人や、人生の目標に向かって必ず近づいていくものなのです。


大川隆法総裁著『ハウ・アバウト・ユー』より


ハウ・アバウト・ユー?-幸せを呼ぶ愛のかたち


↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

『相手を完全否定しない』

MP900422632.jpg


相手を完全否定しない ― 「この人にも、よいところはある」と思っていると、相手にも伝わる


自分を評価してくれない人や、自分にとって気に入らない人が、出てくることもあるでしょう。

しかし、そうした人を、全部、駄目だと思わないようにし、気に入らない場合であれば、その人のどこが気に入らないのかを分析することが大事です。

「この部分はどうも肌が合わない、自分としては受け入れがたい」と感じたとしても、他の部分を見て、「この人にも良いところはある、こうしたところは良い」と思っていると、その思いは相手に伝わります。

相手は、「自分は全面的に否定されているのではない。この人は、自分のこの部分を嫌っているが、他のところはよく思ってくれている」と感じるのです。

すると、相手の人は自分を変えようとします。

「この人と話す時は、ここを控えればよいのだな」ということが分かるので、相手が変わってきて、その良いところが出てくるようになるのです。

これは、知らず、知らずのうちに、相手の変革を促していることになります。

「この人にも、良いところはある」という見方をすすることによって、相手を変えうるのです。

しかし、「嫌いだ」と拒否してしまえば、取り付く島がなく、どうしようもありません。

完全拒否しないことが大事なのです。


大川隆法総裁著『コーヒー・ブレイク』より


コーヒー・ブレイク―幸せを呼び込む27の知恵

↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『相手の話を聴く』

MP900431166.jpg

相手の話を聴く
―相手の話を聴くと相手を理解できるようになる


相手を愛せない時は、相手を理解できないときです。

理解できた相手のことは、愛することができます。

また、「自分は理解された」と思った人は、「自分は愛された」というように感じるのです。

相手の話をよく聴いてあげると、相手を理解できるようになります。

家庭においても、ほかには何もしなくても、ただ相手の言うことをよく聴いてあげるだけで解決する問題はたくさんあります。

「奥さんが、いろいろと悩みを抱えていて、なかなか解決できない」という場合であっても、何のことはない、「ご主人が、二、三時間、奥さんの話を聴いてあげたら、それで終わり」ということだってあるのです。

したがって、相手を理解するためには、聴く能力を高めることです。

「相手の話を聴いてあげよう」と思うことも、愛の心なのです。


大川隆法総裁著『ティータイム』より


ティータイム―あたたかい家庭、幸せのアイデア25(大川隆法著)



↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『笑顔をつくる』

MP900431220.jpg


笑顔をつくる―ニコニコしている人は人を引きつける

私は、以前会社で仕事をしていたときに、けっこう折衝の仕事を多くやっていたのですが、相手を訪問する際には、「これ以上、景気の良い顔はない」という顔をして入っていきました。

おもしろいことに、不景気な顔をして入っていくと、人は寄ってきませんが、ニコニコして入っていくと、ほんとうに人が寄ってくるのです。

これは商売の秘訣であろうと思います。

また、商売だけではなく、人間関係の秘訣であろうと思います。

とにかく、人間は、笑顔の顔を見て敵意を抱くことは難しいのです。これは鉄則です。

ニコニコ笑っている人を見て、その人に悪口を言っていたら、自分の方がよほど、悪いように見えます。

それでも顔を変えずにニコニコされたら、もうかないません。ギブアップになります。

したがって、「笑顔は敵意を抹消する最大の方法である」ということが言えます。


大川隆法総裁著『コーヒー・ブレイク』より


コーヒー・ブレイク―幸せを呼び込む27の知恵

↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『心の態度を変える』-人間関係をよくするためには

心の態度を変える



心の態度を変える


人間関係を良好にし、

幸福な方向へ導くには、

一円のお金も要らないし、

汗水垂らして努力する必要もないのです。

必要なのは、心の態度を変えること、

そして、具体的な、

ささやかな好意を示してあげることです。

世の中の人の苦しみを見ると、

ほとんどは、「奪う愛」の苦しみなのです。

「欲しい」と思うことをやめて、

「どうしたら人に与えることができるか」

ということを考えてください。

その時点で、すでに悩みは消えています。


大川隆法著『幸福の法』より


幸福の法―人間を幸福にする四つの原理
幸福の法―人間を幸福にする四つの原理



↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『明るく希望に満ちた心』-人間関係をよくするためには

明るく希望に満ちた心
高知・よさこいソーラン祭り



明るく希望に満ちた心


毎日毎日、

明るく希望に満ちた心を持続していますと、

だんだん合う人合う人も

そのような人になってきます。

また、明るい考え方を持っている人が、

だんだんあなたのもとに

集まってくるようになります。

それは誰もが幸福を願っているからです。

幸福を願っている人は、

自分を幸福にしてくれる人を探すものです。


大川隆法著『発展思考』より





↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『相手を理解する』-人間関係をよくするためには

相手を理解する



相手を理解する


相手を理解するためには、

相手の言うことをよく聴くことも大事です。

相手の話をよく聴いてあげると、

相手を理解できるようになります。

たいていは、自分の話を

一方的に押し付けているのであって、

相手の話を聴いていないのです。


大川隆法著『幸福へのヒント』より



幸福へのヒント―光り輝く家庭をつくるには



↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『自分から相手に与える』-人間関係をよくするためには

Rain 2009 / ウ・ソンミン
Rain 2009 / ウ・ソンミン



自分から相手に与える


人間関係の問題を解決するには、

「まず自分から相手に与える」

「相手によい評価を与え、相手をほめてあげ、

相手のよいところを伸ばしてあげる」

という気持ちを持つことが大切です。

そうすれば、相手からも

与え返される場合もあるでしょう。

結局、人間関係のしがらみを断つためには、

圧倒的善念でもって解決していくことが必要なのです。


大川隆法著『不動心」より




↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『自分が変わるという選択』-人間関係をよくするためには

自分が変るという選択
Happy Scienceハワイ精舎の展望



自分が変るという選択


他の人が変ってくるのを

長いあいだ待つよりは、

まず、自分自身が変っていくほうを

考えるべきです。

自分が変ることによって、

周りの環境をも変えていく方向にこそ、

選択を働かせるべきなのです。


大川隆法著『青春に贈る』より





↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『人間関係と自己反省』-人間関係をよくするためには

人間関係と自己反省



人間関係と自己反省


人間関係がうまくいかなかった人は、

一度、徹底的に

反省をしてみる必要があります。

「自分自身の、人間としてのあり方、考え方、性格に、

何か不自然なものがあるのではないか。

自分の行動の仕方に、

何か問題があるのではないか」

そうしたことを自己反省していただきたいのです。


大川隆法著『幸福になれない症候群』より






↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

『立ち向かう人の心は鏡なり』-人間関係をよくするためには

立ち向かう人の心は鏡なり



立ち向かう人の心は鏡なり


「もっと素晴らしい人間関係がつくれるのではないか」

ということを、いつも考えなければなりません。

結局、「立ち向かう人の心は鏡なり」

という言葉が、ここでも生きてきます。

人間関係のしがらみを断つためには、

「自分の心の鏡に映った相手の姿は、

結局、自分の姿にほかならない」

と考えればよいのです。



大川隆法著『不動心』より





↓【ブログランキング参加中、応援よろしくお願いします】
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ご訪問ありがとうございます
プロフィール

OOPA777

HERMES

管理人:オーパ
『幸福の科学』の信仰の素晴らしさを一人でも多くの人に伝えたい。この世が、限りなくユートピア世界になってほしい。心から願っています。(このブログは個人ブログ、幸福の科学非公式サイトです。)








カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
amazon.co.jp
おすすめ
大川隆法総裁著作
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。